原価管理ソフト(システム)をおすすめ比較ランキングでご紹介!【建設業や製造業者・工事管理に評判!】

原価管理ソフト導入にはメリットとデメリットがある

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/04/12

原価管理ソフトを用いると様々な利点があります。同時にデメリットも存在すると言われます。ではどんな長所や短所があるのでしょうか?そこで、原価管理ソフトを取り入れる上でのメリットデメリットをご紹介したいと思います。

 

最新情報を経営に反映させることが可能

原価管理ソフトを導入すると、できるだけコストを低くして利益を高くするという結果を出しやすくなります。このことは企業の存続には不可欠なことだと言われます。

原価を把握しているだけだとこうしたコストを抑えて利益を高くするための活動を具体的に実施するという事は難しいと言われますので、この点はこのソフトを利用する大きなメリットなのです。コスト削減にはコストを適切に管理して削減するという事が大切なのです。このソフトを用いると企業の生産活動などにかかっている原価を把握する事が簡単になります。

そして、その原価は常に動いていてその時その時で価格も異なっている為、このような時価を適切に把握することは企業の生産活動にとっても大きなメリットになり、こうしたフレッシュな情報を経営へ取り入れることができるのです。

その点が、このソフトを導入するメリットの一つです。このソフトによって企業経営の上でたいへん大切な情報を迅速に知ることができ、原価差異分析に活用することでタイムリーな最適経営へとかじ取りを行うことができると言った点はメリットです。

 

スタッフの労務負担軽減にもなる

原価管理ソフトを導入する利点として次にあげられるのはスタッフの労務コスト削減効果です。最新版の原価管理システムにたくさんの機能登載が行われていますので、担当スタッフは必要最小限の入力作業を行うのみで登録ができると言った利点が有るのです。

必要な時に必要な情報がすぐに得られると言うのもこのソフトの長所で、カスタマイズした設定で入力や出力が容易に可能になっているという事も労務負担が軽減される点です。このようなソフトを利用することで、その時その時の原価の価格情報を簡単に原価掲載など即座にデータに反映させることができ、原価の時価を調べる手間も大幅にカットできると言ったメリットもあります。

正確な原価管理を効率的に速やかに行うことができることで、自社の経営に貢献できると言った利点が有るという事なのです。そのため、このソフトを取り入れることは必要最小限の入力作業ですんだり、必要な情報の入力や出力作業を簡単にすることにもなり、スタッフの労務負担を削減したり自社の経営に良い効果をもたらすという事なのです。

 

ERPと連携させることが可能になる

原価管理ソフトはERPと連携させることもでき、より効果的な経営判断を行うことが可能になると言った利点もあります。このソフトを含むパッケージソフト等の導入で、生産活動で用いられる原価の情報を全社的に共有することが可能になります。

ERPは企業資源計画とも言われ、経営資源の有効活用の視点から企業全体を管理しながら経営効率をアップさせていくと言う考え方になります。統合型ソフトウェアのERPパッケージを取り入れることでこの考え方を実現させていくことができます。

さらに、現場では帳票・伝票への情報入力も自動的に行われるので、入力ミスも少なくなり、原価に関する調べるのに用いる時間等も短縮されるという利点があり、業務効率化を図ることができると言う長所もあります。

こうしたソフトをERPと連携させることによって、経営という点ではより迅速な経営判断が可能になり、生産規模の最適化などもスピーディに行うことができるのです。このようなERPと連携によって可能なことが増えていくこともこのソフトを取り入れる大きな長所と言えるのです。

 

シミュレーションによって万が一にも備えられる

原価管理ソフトを取り入れることでシミュレーション機能を活用することができ、不測事態などへの対応策を取ると言ったことも可能になることが導入メリットです。この様なソフトの中にはシミュレーション機能を登載しているものもあり、この機能をもつ製品を利用すると原価変動が自社に及ぼす影響などを可視化することができるのです。

例えば、原料費の高騰や急に調達先を変更しなければならないような場合に、原価変動に対してその影響をシミュレーションすることができれば、事前に対策を立てておくことができます。複数の選択肢をシミュレーションすることで、景気変動や為替変動下で、万が一のことを想定して備えられます。

原価管理システムを導入することで、不測の事態への事前の訓練と対応をすることが可能なのです。事前に複数の選択先を用意できれば、不測の事態が起こったとしても慌てずに対処していくことができます。こうしたことを行うことによって思わぬことが起こってしまうという事に備えることが可能なのも、このソフトを導入する大きな利点になるという事です。

 

原価管理ソフトにはデメリットもある

原価管理ソフトを採用すると経営上の様々な利点があり、採用する意義は大きいと言えます。けれども、このソフトの採用は長所だけでなく短所もあります。

そのため、デメリットも把握した上で取り入れるかどうかを考えておく必要があります。原価管理ではカスタマイズなども併せると計算方法がいろいろあるので、計算方法が複雑化しやすいという事も挙げられるのです。

加えて、財務諸表などのオフィシャルな書類を作成する時に認められている標準的な原価計算方法で必ずしも全ての計算が行われるわけではなく、社内独自の算出方法が用いられる場合はこうしたオフィシャルな書類を作成する時に新たな業務が必要になると言ったデメリットもあります。

さらに、このようなソフトは特別なソフトを購入して用いるという事が必要で、エクセルで管理するのとは異なり、利用開始手続きや導入コストも必要になると言ったデメリットもあるのです。このように、このソフトで原価管理を行うと言う場合にはメリットだけでなくデメリットも存在するため、こうした点も把握しておくことが大切です。

 

コスト削減の実現と利益最大化を目指す

原価の管理ソフトを用いると原価管理を簡単に行うことができ、原価価格についてもソフトに任せておくことで最新のデータを用いて原価計算を行うことができます。また、このようなデータを社内で共有することも可能で、より迅速な経営判断を行うことができると言ったメリットがあります。

さらに、スタッフの労務負担軽減にもなり、情報をより有効的に活用して分析を行ったり、コスト削減効果を得たり、不測の事態に備えたりすることが可能で、利益の最大化を実現していくことができます。

一方、このソフトを導入する時にはデメリットも存在しています。例えば、財務諸表上での原価計算はかならずしも社内スタンダードの原価管理計算方法と一致しているともいえないケースが在ったり、このようなソフトの採用にはコストもかかると言ったことがあります。

そのため、こうしたソフトを導入する場合は、メリットとデメリットを事前に知っておき、利用効果が最大になるように使っていくという事が大切になります。コスト削減を実現しながら利益最大化を十分計れるように使用するという事が重要です。

 

原価管理ソフトはコスト削減を実現しながら利益最大化を図ることができるツールです。このツールを採用するに当たっては、その長所と短所を事前にしっかり把握した上で、より適切な効果が得られるようにしていくということが大切です。

 

 

 

サイト内検索