原価管理ソフト(システム)をおすすめ比較ランキングでご紹介!【建設業や製造業者・工事管理に評判!】

原価管理ソフトで予算計画もスムーズにできる

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/11

現在、ある程度大きな会社や中小企業等でも原価管理ソフトを使っている会社は少なくありません。では、原価管理ソフトを使った場合、予算計画をスムーズにおこなうことができるか問題になります。もし、スムーズに計画をすることができるならば、利用した方が良いでしょう。

そもそも原価管理をおこなう理由とは何か

どの会社でも厳格におこなっていますが、原価管理と予算の関係を知る前にまず原価管理の意味を明確にしておく必要があります。原価管理することは、その会社における業績を向上させるための手段の1つとして考えるべきです。

具体的に見ていくと例えば商品を購入する場合には必ず原価があります。この金額が高ければ売り上げを伸ばそうとするときに価格を高く設定するしかありません。例えば1個1000円の原価商品があった場合、2000円で売却すれば1000円の売り上げを出すことができます。

ただ、そこには電気代や水道代あるいは人件費などがかかっているため、実際に1000円が利益になるわけではないです。そこからさらに、人件費や光熱費等の原価を引いていかなければなりません。

そして、最終的に残ったものが利益になると考えて良いでしょう。例えば1つの商品を作るときに水道光熱費が50円かかり人件費が250円かかれば、先程の例で言うと500円だけの利益になります。

ここで理解しておきたいのは、商品だけでなく人件費や水道光熱費にも原価があるということです。それに加えて、通常の工場や会社は、テナントや倉庫を借りています。そうすると、その分の賃料や固定資産税等を支払わなければいけません。さらに、法人税等を支払うことになりますので、その分を差し引いて利益を計算する必要があります。

では、原価を明確にしていない場合はどうでしょうか。例えばよく変わりやすいのが商品の仕入れ値になります。商品を仕入れる場合でも、原材料などの行動をすればその分だけ仕入れ値が高くなる傾向があるでしょう。

そうすると、1年中原価が安定しているわけではなく、時期によっては随分と仕入れ値が変わってしまうことが想定できます。このとき原価管理をしっかりしていなければ、いつの間にか今までの値段で売っていて赤字になるようなことがあります。そして何より、将来使うお金の管理をすることが難しくなります。

そこで、原価管理を十分におこない、これから出ていくお金を使うお金を明確にしていくわけです。そうすることにより、安定した会社経営をすることができるでしょう。少なくとも、現在どれぐらいの原価になっているかわからないまま形をするよりも、安定した経営ができるのは間違いありません。

どのように計画を立てていくかは重要

会社は、毎月の予算を考えてその中で売り上げを伸ばそうとしています。例えば、洋菓子屋さんでケーキを作る場合には、決められた金額を計上し、その中で生産をしていくわけです。もしそのときの計画がいい加減なものならば、赤字になってしまう傾向があります。

繁忙期にもかかわらず十分にお金を使わなかったとすれば、生産量が増えません。あらかじめ決められた予算の中で原材料を購入し、人を雇っていきますので繁忙期ならばある程度大きなお金を投入しなければならないことになります。

これに対して、閑散期に関しては、あまり大きなお金を投入すると不良在庫が出てしまう可能性があるでしょう。賞味期限や使用期限等がないような商品は多少在庫を抱えても大丈夫ですが、賞味期限や使用期限がある場合は、あまり大量に在庫を書いてしまうとそれが原因で赤字になってしまうわけです。

このように考えれば、次の月にどれくらいのお金を投入するかは、先月の売り上げ今月の売り上げによって決める方法がだといえます。もちろん去年の同じ月の動向などを見て繁忙期閑散期日によって予算を振り分けていかなければいけません。

このとき重要になるのが原価管理と言うわけです。原価管理がしっかりできていなければ、売り上げや利益が明確にわからない状態が続くでしょう。そうすると、来月に使うお金を決めたとしてもうまく利益を出すことができないか、赤字になってしまう可能性も否定できません。

この具体例を挙げるとすれば、例えば原価管理をしっかりせずケーキを製造しようとします。原価管理をしっかりおこない、どれぐらいの利益が出るかを明確にしていれば、無駄なく次の月に使う予算を計上することができるはずです。

しかし、原価管理が十分におこなわれておらず、本来なら売り上げや利益があるにもかかわらず、どちらもあまり伸びていないと判断された場合は、翌月に投入することができるお金は小さくなるはずです。

実際には、もう原価管理を十分におこない、前の月その前の月に少し売り上げや利益を伸ばすことができたとすれば、投入するお金を多くすることができたはずです。このように、原価管理が正確にできていないと言うことは、現状がわかっていないことを意味し、その後の計画もグダグダになってしまう可能性が高くなるわけです。このような意味においては、原価管理と予算を大きくつながっており、切り離すことができない存在と言ってよいでしょう。

原価管理ソフトの中身を理解しておく

これから原価管理ソフトを利用する場合には、予算の組み立てが簡単にできるものを利用してみましょう。このようなソフトは最近増えてきており、選択の余地がありますので自分の会社に取りに選ぶと良いです。

具体的な仕組みを見ていくと、まず原価管理をする場合には、それぞれの原価を入力していきます。例えば商品がひとつ500円だった場合、これを丁寧に入力していき、毎月、遅くなります。そうすると自動的にどれぐらいの利益は売り上げを出すことができるかを計算してくれる仕組みです。今まで数時間かかっていたものを、わずか数分でできてしまう点に大きな魅力があるといえます。

そして、短時間のうちに売り上げや利益を明日後は、来月はどれくらいのお金を投入すれば同じような売り上げや利益を出すことができて、しかも瞬時に計算することができます。もしこのとき、去年と同じ月と同等の売り上げや利益を出すことができれば問題ありませんが、難しければ投入するお金を調整する必要があります。

場合によっては少し多めに投入しても良いかもしれませんが、経済の状態に起きは無駄に投入してしまうと在庫を抱えてしまう可能性があるとすれば、あまり多く投入するべきではないと判断できるでしょう。

これに関しては、ソフトの力だけでなく普段の経済の動きや株価の動きなども注目する必要がありますが、いずれにしても一瞬で予算を計上できる点は原価管理ソフトの大きな魅力になるでしょう。

 

原価管理ソフトにもさまざまな種類がありますが、原価管理に確認することにより、その月の売り上げや利益を明確にすることが可能になります。そして、翌月以降の売り上げや利益を出すためには、十分な予算管理をしておく必要があります。

これらは原価管理ソフトを使えば、比較的簡単におこなうことができます。数字をあらかじめ入力しておくと、翌月以降にどれぐらいのお金を投入したらよいかが明確にわかるわけです。結果的に、時間の節約になるでしょう。

サイト内検索
記事一覧