原価管理ソフト(システム)をおすすめ比較ランキングでご紹介!【建設業や製造業者・工事管理に評判!】

原価管理ソフトを使えば経営に活かせる迅速な対応が可能

公開日:2019/04/01  最終更新日:2019/04/12

企業の経営ということで、利益を上げるために対策を行う必要があります。いつまでに何をしなければならないか判断がとても大事です。それを見えるようにするため原価管理が必要になります。計画、実績そして迅速な対応を行います。

 

付加価値を高める原価管理の目的

企業には様々な業種がありますが、求められていることは継続的に利益を上げてくことが大切です。商品やサービスを販売して利益をあげるということは、売上と費用の管理でもあります。それを商品やサービスをどのレベルで捉えるかということが大切です。

例えば1ヶ月といった期間で売上やそれら発生した費用を見た場合、利益が出ていなかった場合の対策や、より利益を上げるために何をしなければならないか、商品やサービスごとに利益率を見ていくことと、その変化に気づかなければ経営に活かすことが難しくなるということです。

原価管理はまず標準を決めることですが、あくまで概算となり、いくら利益が出るのかという試算をして、売価などを設定することになります。実際にかかった費用がいくらであったのか、標準原価との差異を分析します。

それぞれ費用は何に使用されていたのか原価計算を行ってから、標準原価との差異分析を行います。その低減を行うために何が必要か対策を立てて生産性の向上をはかり、企業を成長させるため次の計画に反映させて付加価値を高めていくというサイクルを実施します。

 

原価に関わる費用の計画と実績の重要性

一般的には商品を企画するところと、商品を作るところ、商品を販売するところは違ってきます。

例えば商品をつくるところでは効率をあげることが大切です。販売においてはできるだけ値引きをせずに売上を販売することになり、それぞれやりやすい方法をとっていては利益を上げることは難しくなります。

状況は常に変化することがあり、その変化を正確につかんで対策を行うことです。変化を掴むためには計画となる標準原価が必要です。通常は開発部門や設計部門などで計算を行うことになりますが、営業部門などで売上として計上されるまでにかかった費用などを把握して、それが実績原価となります。

計画していた標準原価と差異を分析して対策を行うため、その精度はとても重要になってきます。各現場に対してもコストダウンを指示する場合も、いつまでにどのようなコストを下げなければならないか、その原因を含めて指示をすることで納得感も高まります。

このような項目は多く発生すると漠然とこの費用を削減と指示を出しても現場はわからないため、細かく指示することが大切です。

 

原価管理ソフトによって実績収集を効率化

原価管理を行う上で重要になってくることは、できるだけ精度の高い標準原価を設定することと、正確に実績原価を捉え、標準原価との差異の分析を行うことです。

しかし正確に実績を捉えるためにはとても労力がかかってしまいます。仕入れや原材料なども商品ごとに捉えていかなければならず、人件費もより細かくするためには時間単位で把握しなければならなくなります。

正確に細かくすればするほどその労力も大きくなります。より簡単に効率的に把握をする、二度手間をなくすためにも原価管理ソフトを導入する必要があります。原価管理ソフトでは搭載されている機能はそれぞれ異なり、向いている業種などもあります。

原価管理ソフトを導入すれば解決するということではなく、それら比較して最適なものを選ぶことが重要です。使い勝手なども考えて目的とするレベルの実績を把握することができることが重要です。

はじめから高い精度を求めすぎると負担のほうが大きくなりすぎるために、時間もコストも掛かってしまうことになるため、ポイントとなる費目や工程、作業をよく見極めて導入します。

 

原価管理は経営判断材料になる

原価管理というのは標準原価と実績原価との差異を分析することにありますが、経営に活かさなければ意味がありません。原価管理ソフトにてそれぞれ費用レベル、商品レベルで捉えることは重要なことですが、迅速に経営判断に利用することです。

実績が出るのに時間がかかっていては迅速な判断ができません。できるだけリアルな数字を掴むために、原価管理ソフトを利用し製品や商品ごとに損益分岐点を算出することができるようにすることも可能です。

商品やサービスを売ることでどれくらいの利益が得られているのか、それは計画と比べてどのように差異が出ているのか、場合によっては拡販する、撤退するという判断も必要になります。原価計算を行うために企業内で発生するほとんどの売上と費用を捉えなければならず、トップ含めて関連部署を巻き込んで導入、運用を行うことです。

適正な売価、原価を管理行い、中期長期的な損益についても計算をして長期的な経営ビジョンを描くことにもつなげられます。最終的には生産性をあげて付加価値を高めて、利益を上げていくことにつながります。

 

実際原価は現場単位に落とし込むこと

原価管理を行うことで経営判断にも使い、活かしていくためにも、現場が対応できなければなりません。いくらトップダウンで指示を出したとしても、現場が難しいと思ってしまうとなかなか浸透せずに、結果的に売上を増加させても利益が下がらないことにもなります。より高い利益を上げるためにも原価管理が必要であり、無駄をなくすこと、効率をあげることです。

ある商品やサービスに人件費がかかっているというような場合も、想定している費用よりも高いのは何故なのかその差異分析を行う必要があります。これはやはり現場中心に改善していかなければならないことです。作業時間がかかっているなら改善する方法がないか、考え実践をしてみることです。

そして原価管理ソフトで実績を把握してどのように変わったのか現場にフィードバックすることが重要なのです。それが実績原価であれば、次は企画段階で設定に問題がなかったのか見ることです。それだけの費用がかかるなら、売価を見直すのか、その商品自体利益を生み出すことが難しい商品ということになり、やめるという判断も必要です。結果的に企業に利益が残る仕組みにすることです。

 

原価管理のPDCAより維持し続ける

原価管理ソフトを利用して、現場レベルでも実際原価を把握することはとても大事なことです。売上をあげる部門では売上だけでなく、利益も確認することになります。売上から原価を引いたものが利益となるので、売上を確保するということでは数量を増やすのか、値引き等を抑えるのかということになります。

しかし原価を下げるということは売上をあげる営業部門が直接関与することができないのです。肝心なことは課題を見えるようにしてコントロール、指示をする人がいるということです。

これは製品の機能とコストの関係を見て、その価値をコントロールするということでもありますが、商品を販売する時点でどれだけの利益を得るように計画をするかという考え方になります。それを実際に作ってみて、課題を明確にすること、差異分析を行って把握した改善を実施することです。

このPDCAを回していくことを経営という視点と現場視点で行うことが大切となります。最終的には企業は利益をあげなければならず、そのためにも付加価値を上げ続けていかなければならないということです。

 

標準原価と実績原価を把握して改善を行う原価管理、これはとても労力、時間がかかることにもなります。正確に精度の高い数字を把握するためにも原価管理ソフトをとても重要です。数ある原価管理ソフトから自社にあったものを選択して導入することです。

 

 

 

サイト内検索