原価管理ソフト(システム)をおすすめ比較ランキングでご紹介!【建設業や製造業者・工事管理に評判!】

原価管理ソフトを導入しコストの削減や分析を行う

公開日:2019/04/01  最終更新日:2019/04/12

無駄のない経営を行うにはコスト削減は欠かせないテーマですが、ここで役立つのが原価管理ソフトです。ここで重要なのはしっかりと利益を維持しながら、コストを圧縮していくことです。

そのための管理ソフトを駆使することで、合理的なコスト削減を目指せます。

 

原価管理ソフトはなんのために導入するのか

その名称から商品の原価を管理できることは想像に難くありません。経理業務において原価は財務諸表上で複雑な計算を要しますが、原価管理ソフトならばデータさえ入力すれば、簡単に情報がアウトプットされていきます。

これで手間のかかる計算を回避し、正確な数値を迅速に把握することが可能になるのが最大のメリットと言えるはずです。原価管理ソフトの導入にはそれ以外にも多彩なメリットが含まれます。

たとえば労務コストの圧縮がありあますが、上記の通り計算が自動である他にも、色々な機能が搭載されており業務の短縮・簡略化に貢献することが可能です。結果的に労務担当者の負担を大きく削減できます。

本来の経営からするとサブの業務と言える各種計算処理に関する作業を減らすことになれば、それだけのリソース・マンパワーを本来の企業目的に動員することが可能でしょう。

近年の原価管理ソフトは単に計算処理を補助するだけではなく、さらなる付加価値を伴っている製品が増えてきています。これを上手に活用することで様々な効果が期待できますので、経営の最適化を考える上では調査は欠かせないでしょう。

 

情報収集をスピーディーに行える

正確な情報を集めることは企業活動に欠かせないものになりました。

「敵を知り己を知れば」と言う格言の言う通り、マーケティングもそうですし社内の情報管理も極めて重要な意味を持ちます。原価管理ソフトを導入すればこの点、自己の会社の状況を明確に洗い出すことが可能になってくるのは大いに役立つポイントです。

単に実際のデータを洗い出すだけではなく、最適な原価を浮き彫りにしていくこともできます。 標準的なシステムには実際・原価計算の他に差異分析や予算管理と言った機能が盛り込まれているのが基本です。

これらの計算はIT技術を使えば短時間で正確に行えるのですが、それぞれのデータを統合すれば最適な原価率や配賦率を模索することが可能になります。多機能でありながら複雑な数学的処理も簡単に行えるため、グローバル企業で為替の影響を受けるようなケースであっても迅速に状況を把握できます。

正確に現在の状況を知ることと分析することは、今後の経営を左右しかねない重要な部分です。原価管理ソフトはそのための情報をスピーディーに収集・解析するために役立ってくれるでしょう。

 

各種分析能力を駆使することが重要

原価管理ソフトは多彩なデータを迅速かつ正確に集めることが可能です。これらの情報を使えば、色々な切り口から経営を分析していくことができるようになります。 例えば損益分岐点を速やかに算出できるのは、大きな強みになるでしょう。これを計算するには複雑な処理が必要なために、現状では避けて通りたいと言う方も見当たるようです。

確かに固定費や変動費を盛り込んで手作業で計上していくのは、面倒極まりないものです。この点は原価管理ソフトを使うことで、計算を簡略化できます。損益分岐点のような複雑な作業でも、機械的に処理していきますので、負担は余り掛かりません。

この損益分岐点を正しく知ることは経営戦略を見誤らないためには重要なものです。労務費や経費を盛り込む前に原材料費などのコストを分析することで、取り組むべきテーマを明確にすることもできるでしょう。

これによってより適切な価格設定を考えるためにも、有用と言うことができます。もちろん分析を正確に行うことは企業が行った改善策の結果を把握するためにも役立つので、対策の実行とセットで考えていくのもおすすめです。

 

分析だけではなくシミュレートも可能

データの収集から計算処理・分析に役立つのが原価管理ソフトですが、近年は更に一歩進んでシミュレーション機能を搭載している製品が見当たるようになってきました。

これは経営を考える上で影響がありそうな、物資調達費用や原材料の価格変動などをシミュレートし、どのような結果になるかを予測するというものです。社会の状況は刻一刻と変化するわけですが将来を確実に予測することは不可能であり、このために経営上の不安も完全には払拭できるものではありません。

しかしシミュレートを活用していけば、どの程度の原価率の変化が企業利益にどれ位の影響を及ぼすかを予測できますので、これは安心に繋がるでしょう。将来を見据えてリスクに備えることもできるようになってきますし、より戦略的な舵取りも可能になってくるはずです。

日本はこれまでも色々な経済的難局を経験してきました。近年はリーマンショックや軍事的脅威に基づく地政学的リスクにより経済に小さからぬ影響を受けています。

今後も国内景気や海外の動向、災害などの多彩な要素によって経営は左右するはずなので、予めシミュレートとしてリスクに備えることの重要性も高まってくるかも知れません。

 

ERPシステムとの連携も大きな武器に

ERP(統合型基幹業務システム)との連携をさせることができるのも、原価管理ソフトの大きな武器になり得るポイントです。ERPは近年は耳にする機会も増えてきた言葉で、その内容は企業の資源計画などの根幹的な部分を扱うシステムと考えて良いでしょう。

経営に欠かせない「人・資金・物」に関する情報を網羅的に管理するのが特徴となります。このシステムでは在庫管理や受発注データのマネジメントなどを行うことができますが、これが原価管理ソフトと相性が良いのです。ERPを導入していると言うことは既に、各種の情報管理が一元化されるためのプラットフォームが出来上がっているわけですから、原価管理も行いやすいとされます。

したがって経営の最適化を検討する際には、両方のシステムを導入するということも考えてみると良いでしょう。片方だけよりも組み合わせて使った方が、メリットが大きくなります。

いずれのシステムも今後の企業経営においては重要性を増してくる可能性が高いですから、競合相手にリードを築くためには、しっかりと導入について調査・考察を行っていくことが重要と考えられます。

 

導入を考える時に大切なこととは

原価管理ソフトは簡易なものなら無料でも使えますが、これは既に一定の規模に成長している会社の場合では、役不足となってしまいかねません。個人事業なら対応できるかも知れませんが、法人として設立を済ませている会社ですと、それに見合った性能のシステムを考えたいものです。

検討の際に気をつけたいのは何と言ってもコストです。システムの導入・維持コストが経営を圧迫したり、原価率の抑制に比べて目立つようでしたら、これは正しい形ではありません。

積極的に資金投入するだけの価値があるかどうかをしっかりと見極めて判断していくのが好ましいでしょう。その効果を測定するためには、まずは市販のソフトウェアを試してみるのも良いですし、専門業者に相談してみるのも手段です。

市販のソフトウェアは一応の機能は揃っているので、自社に対応ができそうであれば導入も検討してみましょう。専門業者に相談すれば、どのようなシステムを構築するのが好ましいのかなど、自社にとって最適な形を提案してくれます。複数社に相談してみると費用相場やそれぞれの特徴などを把握できます。

 

原価管理ソフトは今後の経営にとって、重要な意味を持つソリューションとなりつつあります。経営状態の把握やコストの妥当性を確認し、しっかりと改善していきたいと考えている場合には、積極的に調査していくのがおすすめです。

 

 

サイト内検索
記事一覧