原価管理ソフト(システム)をおすすめ比較ランキングでご紹介!【建設業や製造業者・工事管理に評判!】

原価管理ソフトが他製品ソフトと互換性があればさらに便利

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/04/22

原価管理ソフトは、原価を把握するためにとても重要です。ただし会社に必要なすべてのコストをひとつで管理できるわけではなく、さまざまなソフトとの連携ができることが大切です。

そのためには互換性の高いものを選ぶ必要があります。

 

原価管理はいろいろなカテゴリがある

原価管理とひとことで言っても、実際にはいろいろなカテゴリーに分けることができます。そもそも原価とは「商品を完成させるために必要となるすべての費用を商品一つあたり換算した価格」です。

商品にはサービスも含まれるので、ひとりの顧客に対して提供されるサービスの価格とも言えます。商品は材料を購入すれば何もせずに完成するわけではありません。

そこには材料を保管しておくコストや製造にかかるエネルギー代、人件費、設備投資費なども含まれています。それらすべてを費用として計算して、製品ごとの単価として算出しなければいけません。

カテゴリーとして分けるとすると、一般的に原材料費、人件費、設備管理費、広告費などが考えられます。原材料費にも状態を保つために冷凍や冷蔵が必要な場合は、その費用も含めなければいけません。

人件費には、給与だけではなく労働衛生に関する費用や教育訓練にかかる費用も考えなければいけません。設備管理費には、施設の賃料や税金、メンテナンス費用も含まれます。

広告費も原価として管理する必要があり、有識者に意見を聞いた時の謝礼などもこのカテゴリーに計上した方が良いでしょう。このように完成品ができるまでに使われた全てのことをリストアップすることが重要です。

 

業種によってさまざまな原価管理

原価管理は業種によっても少しずつ変わってきます。例えば製造業ならオートメーション化されて人があまりいらないようなところでは、原価に大きく影響するのは原材料です。

建設業なら人件費の高騰などが原価の圧迫に繋がってきます。サービス業なら集客力を上げることが増収に繋がるので原価の大半を占めるのが広告費です。

運送業であれば、燃料費が少しでも高騰すると大きなダメージを受けることになります。スマートフォンのアプリを提供するような会社ではパソコンとプログラマーがいれば良い場合もあり、ほとんど人件費のみと言うこともあります。

このように業種によってさまざまで、共通に考えることができません。税金などの公共費用は同じかもしれませんが、業種ごとに税制優遇が受けられるなどの違いがあります。

増益を考えると原価の圧縮は不可欠で、適切な管理が行われることが理想です。収入が伸びない時には支出を抑えることが利益を生み出すための唯一の方法になります。

なんとなく無くなっていくような管理では無駄が多く、防ぐことができる支出を続けることになりかねません。それを効率よく行うために有効なのが原価管理ソフトです。

 

原価管理ソフトができることは?

原価管理にソフトを有効に使うことで無駄な支出を抑える効果が期待できることはわかりますが、実際に何ができるのでしょうか。多くの便利な原価管理ソフトが発売されていますが、基本的な機能としていくつかに分けることができます。

そのうちの一つは原価計算機能です。コスト管理で原価管理ソフトの主要部分になります。提供される原価管理ソフトによって特徴は異なりますが、材料調達費や製造管理費、固定費や労務にかかる人件費などの費目ごとに入力して管理します。

原価分析機能も原価管理ソフトには重要です。いままでの原価からどのぐらい変化があるのか、このままでは増加する恐れがあるのかなどをグラフなどにより目で見て確認することが可能です。

例えば、原価が高い商品を分析して集中的にコストカットに繋げる時のデータとなることもあります。分析ができることは、帳簿として管理しているだけの運用と大きな違いあります。これが原価管理ソフトを使うメリットと言えます。

そのほかにも部門などの組織ごとに原価を分類する配賦計算機能もコストカットには重要です。重複している業務を統合することで組織をスリム化することも支出の削減につながります。

 

原価管理をするときにはシームレスな運用が理想

原価管理ソフトは、業務で使うコストの管理を一つですべてをカバーする必要はありません。業務上さまざまな管理ソフトを使うことがあります。

それらの他製品ソフトと互換性があれば、情報共有によってシームレスな運用が可能になります。それぞれの管理は特化したソフトを利用した方が、簡単で効率が良いのは当然です。

原価管理ソフトがあるからと言ってすべてを統合してしまうと、効率が悪くなって支出が増える恐れもあります。重要なのは入力されたデータを共有することができることです。

それぞれのソフトでデータが共有できることで、他製品を利用していても問題ありません。データに互換性がないと他製品で使った情報を、再度原価管理のために入力すると言った無駄な作業が発生します。

それは帳簿の管理と変わらないため、非効率です。一度入れたデータは、重複して入力しないことが重要で、他製品と多くの互換性がある原価管理ソフトを選んだ方が良いでしょう。

そのためには、現在利用している他製品のデータを確認して共有できるか確認する必要があります。データの種類はもちろん、データの形式も気にする必要があります。

 

原価管理はマネジメントの一部でしかない

原価管理ソフトが支出を抑制するために重要であることはわかりましたが、それは会社で行われるマネジメントの一部でしかありません。会社の利益を増やすためには、収入を上げることも重要です。

つまり収入に繋がることも管理する必要があります。そのために総合してマネジメントするのが統合型基幹業務システムです。業務全体を管理するために使われるシステムで、利益の計算などに有効です。

原価管理は、統合型基幹業務システムの一部として考えられ、そこで使われる他製品のソフトとの互換性も重要です。データの共有ができないようだと孤立した状態となり、運用のボトルネックになってしまいます。

だから多くの統合型基幹業務システムと互換性がある原価管理ソフトを選ぶ必要があります。システムが更新されるようなことがあっても、互換性を維持できるようなサポートが受けられることを確認しておいた方が安心です。

統合型基幹業務システムを提供している会社が、原価管理部分も対応できることがあるので有力な候補として考えられます。このように原価管理ソフトはインプットとアウトプットの両方で互換性を気にしなければいけません。

 

他製品との互換性があると便利な理由

原価管理で考えられる他製品ソフトとして、いくつかのものが考えられます。

例えば人件費に関しては交通費の管理や給与管理を行うソフトです。交通費の管理は経路検索ができるような機能があるものが便利です。給与管理については、その会社の就業規則に合わせた算出ができて、出勤時間の管理から残業の自動計算などの機能があると安心です。

在庫管理ソフトは、入出庫管理や在庫数の自動計算、自動発注機能などがあると日常の業務を効率化することが可能です。仕入れの時の不良を記録して、仕入れ先の管理ができると原材料費の削減に活用することを期待できます。

建築業者では、工程管理ソフトが全体の原価管理を行う機能を有している場合もあり、連携ができれば非常に便利です。小売り業では、POSシステムとの連携がトータル管理につながります。

このように会社で行われるお金に関することが繋がることでシームレスな管理が可能となり、コストと収入を一括して見える化することができます。いちいちバラバラで管理するよりもわかりやすく、問題の顕在化や投資の指標の検討などに利用することが可能です。

マネジメントがリアルタイムで状況を把握することができれば、タイムリーな運用を実現できます。

 

最近の会社のマネジメントは、タイムリーな決断が必要となります。データの作成に時間がかかっているようでは、実現できません。できるだけ短時間で把握するためには、互換性の高い原価管理ソフトを利用することが重要です。

サイト内検索
記事一覧