原価管理ソフト(システム)をおすすめ比較ランキングでご紹介!【建設業や製造業者・工事管理に評判!】


おすすめポイント機能面・サポート面ともに文句なしの品質
比較ランキング第1位は、株式会社建設ドットウェブが提供する「どっと原価NEO」です。

わかりやすさと圧倒的な機能の柔軟性を兼ね備え、業界導入No.1(東京商工リサーチ社2019年2月調査)を誇ります。

オンプレ版とクラウド版も準備し、様々な会計ソフトメーカーとの連携などにも多くの実績があるのも強みの1つです。

オールインワンパッケージでなく、必要な機能を選択し導入できる商品構成や業界初の帳票作成機能(Excelフリー機能)も特徴です。

無料デモ体験や体験会も用意され導入前にしっかり確認できるメニューも準備されています。

そんな株式会社建設ドットウェブが提供する原価管理ソフトどっと原価NEOについて、詳しい情報を見てみましょう。

業界導入実績No1!(※)業界初の機能も搭載した原価管理ソフト

導入する企業の規模・業種を問わずどんな企業でも利用できる原価管理システムがどっと原価NEOです。

実績面についても納得の理由があり、例えば髙松建設株式会社をはじめとして多くの導入実績があります。

そんなどっと原価NEOは、原価管理をサポートしてくれるのはもちろん事務作業の合理化にも力を貸してくれます。

建設業特有の商習慣に対応しているだけでなく、国内で使用されている主要会計ソフトやオリジナルの給与ソフトなどとも連動可能

さらに、原価管理システム業界では初となる「Excelフリー機能」が搭載されていて、Excelで作成した自社テンプレートを出力時の書式として選択できます。

また、1台での導入から社内LAN・クラウドにも対応していて、幅広いシーンで利用できる原価管理ソフトとなっています。

二度手間を解消!多くの業界が抱える2つの課題を解決してくれる

「多くの企業が抱えている2つの課題を解決する」というコンセプトが掲げられているどっと原価NEO。

1つ目の課題は、「複雑な業務を合理化し、情報を一元化する」というものです。

これはExcelからの脱却という表題も表していて、どっと原価NEOであればこの課題を見事に解決してくれます。

どっと原価NEOを導入すれば業務の中で二度手間が発生しがちな部分を合理化してくれ、それぞれの企業の業務をトータルでサポートしてくれます。

そして、2つ目の課題は「工事の進捗や生産性向上を視覚的に把握できるようにする」というものです。

この課題についてもどっと原価NEOは解決策を示していて、工事の進捗や利益状況、生産性向上などの業績評価指標(KPI)を見える化し、経営に際しての的確な判断をサポートしてくれます。

選べるオプションで自社に最適な製品を!業務効率化への多彩な機能

建設に関わる企業であればどんな業種でも導入できるどっと原価NEO。

そんなどっと原価NEOには、様々な特徴があります。

■自社に必要な機能だけを選んだ構成!オプション選択式を導入

どっと原価NEOではオプション選択式が導入されていて、自社にとって必要な機能だけを厳選して最適な構成を実現することが可能です。

ベースとなる「基本モジュール」に加えて、15種類の「オプション」と6種類の「拡張モジュール」、そして2種類の「クラウドサービス」からそれぞれ最適なものを選択できます。

様々なニーズに応えられるよう豊富な機能が揃えられていて、それらの機能を組み合わせたコストパフォーマンスに優れた導入が可能となります。

さらに、導入後に機能を追加することもできます。

■効率よく作業を実施!同時アクセスライセンス接続

社内業務を合理化できるように、どっと原価NEOは同時に利用できる接続契約となっています。

つまり「同時アクセスライセンス接続」が可能になっていて、インストールフリーであるため複数のユーザーが同時に作業を実施可能です。

■自社のテンプレートを使用可能!帳票カスタマイズ機能

慣れ親しんでいるExcelの書式を活用できるよう、帳票のカスタマイズが可能になっています。

例えば自社の請求書テンプレートがある場合、それをどっと原価NEOの所定のフォルダに保存することで出力時の書式を選べるようになります。

提出先によって書式を変えている場合や、得意先の指定伝票で提出する場合などに便利な機能です。

■外出先でも勤怠打刻と日報入力を!WEB勤怠打刻機能

業務の効率化を図るために、外出先でもスマートフォンやタブレット端末などから勤怠打刻と日報入力を実施できます。

【どっと原価NEO(株式会社建設ドットウェブ)】の特徴やサービスについて詳しく知りたい

 

リモートメンテナンスサービスもOK!充実したサポート体制

原価管理ソフトを選ぶ際に気になるのが、サポート面の充実度ですよね。

その点も、どっと原価NEOなら安心して導入できます。

例えば、フリーダイヤルによる電話サポートはもちろん、リモートメンテナンスサービスが利用可能

スピーディーかつわかりやすいサポートにより、「初めて原価管理ソフトを導入する」という企業でも運用しやすくなっています。

さらに、契約者がより良い運用環境でどっと原価NEOを使用できるよう、バージョンアップが無償提供される仕組みです。

最新OSなどへの適応にもスピーディーに対応してくれます。

また、法改正への対応やデータ破損時の対応も充実しています。

法改正時には迅速にプログラム対応が実施され、データ破損時にはデータの調査・分析が行われます。

他製品の追随を許さない圧倒的な機能性が魅力

比較ランキング第1位のどっと原価NEOについて紹介しました。

髙松建設株式会社をはじめとして3,400社以上の導入実績を持つどっと原価NEOは、機能面・サポート面ともに最高品質なサービスを提供してくれている原価管理ソフトです。

建設業特有の商習慣に対応しているのはもちろん、国内主要会計ソフトやオリジナル給与ソフトとの連動ができるのも嬉しいポイント。

そんなどっと原価NEOでは、導入するそれぞれの企業が自社にとって最適な運用を行えるように、オプション選択式が導入されています。

必要な機能を厳選できるので、コストパフォーマンスに優れた製品となっています。

さらに、同時アクセスライセンス接続により複数のユーザーが同時に作業できるほか、自社で作成したExcelテンプレートを使用して出力時の書式へ反映することも可能です。

このように、他製品の追随を許さないほど充実した機能面が魅力。

加えて、フリーダイヤルによる電話サポートだけでなくリモートメンテナンスサービスなど、サポート体制も充実しています。

原価管理ソフトに不慣れな企業であってもスムーズに運用できるよう、全力でサポートしてくれます。

サイト内検索