原価管理ソフト(システム)をおすすめ比較ランキングでご紹介!【建設業や製造業者・工事管理に評判!】

原価管理ソフトを取り入れると業務効率が上がる

公開日:2019/03/15  最終更新日:2019/04/12

製造・販売していたりサービスという形のない商品を提供する会社であっても、利益が発生する場所には原価があります。原材料だったり人件費だったり、いろいろな種類が複合的に絡み合っているものです。

原価管理ソフトを導入すると、原価管理に関しては手では不可能だった管理を効率良く行うことができます。

 

原価計算を効率良く行うことができます

原価管理ソフトにはいろいろなメリットがあり、例えば原価計算を効率的に行うことが可能です。原価管理のベースとなるのが原価計算で、さまざまな計算によって製品やサービスなどに関する原価を算出していきます。この原価計算は目的によって方法が異なることが多いので、目的に応じて使い分けなければいけません。

しかし計算方法が違うのでどうしても複雑化する傾向があり、従来時間や手間がかかっていました。財務諸表などを作成するにおいて認められている方法について実際原価や全部原価計算などがありますが、標準原価計算は認められていないケースがあります。

標準原価計算は主に社内管理の目的で利用することが多く、それぞれの方法に応じて使用する必要があるでしょう。これらの方法を目的に合わせて使い分けたり、エクセルで管理するには大きな負担がかかるもので、特に原価変動の激しいものもあるので、専属スタッフを配置しているところも多いです。

ソフトを導入するといろいろな原価計算機能が搭載されていて、このような複雑な計算を効率的に行うことが可能です。特定データを入力すると計算することができ、負担のかかる業務を効率化できます。

 

損益分岐点を把握することができます

原価管理ソフトを導入すると、簡単に損益分岐点を把握することができます。原価管理を行うにおいて大切なのが損益分岐点を理解することで、例えばサロンを経営する場合、材料費や労務費・経費などから原価を計算することが可能です。材料費について実際の消費量X消費価格で計算しますが、サロンでは消費量を正確に入手することは不可能なことが多いです。

そのため標準消費量から標準原価を設定し、次に労務費や経費などを計算していきますが、ここで一旦損益分岐点を計算してみましょう。サロンの物件費用が10万で、人件費が月100万円とすると、合計110万円について標準材料原価率(16%にしてみます)で割ると1ヵ月において必要な売上高を算出することが可能です。

つまり115万÷0.16=約638万になり、生み出す利益に対しどれだけの売上高を必要とするのか算出することができます。ここで多くの問題に気付くことができ、例えば約638万円の利益を生み出すのに価格設定が低かったり、材料原価が高いのではないかなど気付くことができると効率良く経営戦略を作成することが可能です。

 

原価をベースにして管理を行うことができます

原価管理ソフトを利用すると、原価をベースにして管理を行うことができます。原価管理ソフトの目的は単なる原価を把握するだけではなく、明確に算出しものをベースにして現状の課題点などを発見したり継続的な利益を生み出すことになります。利益をアップすることが管理ソフトを導入する目的でしょう。

原価管理は基本的に継続しながら利益を見出していく仕組みを作成することで、ただ原価を管理していても原価管理とは言うことはできません。いろいろな管理システムがリリースされていますが、自社に合った商品を導入することによって原価計算を効率化し、スピーディな管理を行うことが可能になります。

管理において重要なのはさまざまな情報を元にPDCAサイクルを適切に繰り返していくことがあげられます。現状を把握しながら計画や施策などを立案し、これらの計画を展開し効果測定を行うことが大切です。

改善を加えていくことによって継続的な利益を得るシステムを作ることができるので、原価管理ソフトは管理におけるPDCAサイクルを強力にサポートしてくれるでしょう。

 

原価変動をシミュレーションすることができます

原価管理ソフトにはさまざまなメリットがあり、原価変動をシミュレーションすることができます。原価は常に変動するもので、例えば材料費や人件費の場合、業界の情勢や景気などによって左右されることが多いです。

企業は最適な原価を保持するため、いろいろな状況を想定しながら計画を立てなければいけません。このような場合に有益なのが変動シミュレーション機能で、いろいろな状況に応じて対応することができます。

仕入先を変更したり為替の変動が起きり、原料費までが高騰してしまった場合に関してさまざまなケースを想定しながら、変動に関するシミュレーションを行うことが可能です。企業にとって重要である将来的な情報を入手することができ、次の手を打ちやすくしてくれます。

シミュレーション結果をベースにしていろいろな対応計画を立案することができ、急激な情勢や環境などの変化に対応することができる組織を作ることが可能です。原価管理をシステム化することによってこれまで時間や手間がかかっていた作業を簡略化することができ、効率的な業務を遂行することができます。

 

コスト削減に繋げることができます

コスト削減のため分析することができるので、無駄な費用を特定したり削減するのに便利です。コスト削減について節電や人件費などをイメージする人は多いですが、製品やサービスなどの中にもコストを削減することができる部分はあります。

節電は当然のように行う行為ですが、人件費を削減するとなると組織としてのモチベーションが下がる可能性もあるので注意が必要です。あとあと大きなトラブルに繋がるかもしれないので難しいでしょう。

もし製品やサービスなどの原価においてコスト削減することができる部分を見つけることができたなら、組織全体にとっていろいろなメリットがあり、効率良くコスト削減を行うことが可能です。そのためには原価管理が重要で、正確に原価を把握することによってどこにトラブルがあったり改善すべきことは何かを検討することができます。

人件費以外にコストを削減できるので、大きなトラブルにはならず短期間において効果を実感することが可能です。分析機能が搭載されている原価管理ソフトもあるので、さらなるコスト削減のためさまざまな分析を行うことができます。

 

他のシステムと連携することができます

原価管理ソフトのほとんどは他のアプリケーションと連携することができ、いろいろな機能を発揮することができます。最初から統合基幹業務システム(ERP)として導入できるので便利です。

このシステムとして連携することによって、原価管理ソフトは更なる導入効果を発揮することができ、他のシステムと連携を図ることでいろいろなデータの入力作業を行うことができたり、経営者は経営情報を瞬時に可視化することができます。

原価管理ソフトはERPなどのシステムと連携するのが便利で、いろいろなメリットを得ることができるでしょう。従来より原価管理は組織の規模に関係なく、多くの企業には重要な業務に位置付けられています。

原価管理を軽視すると計画性の高い戦略を行うことができず、継続的な利益を得るためのシステムを構築することができなくなります。組織にとって大事な業務ですが、大きな負担になったり管理が正しく行われているかは断言することはできません。

近年原価管理ソフトを導入している企業は多く、正確な情報をつかむことで利益向上を狙うことが可能です。原価管理ソフトはもちろんさまざまなシステムを検討することによって、企業の問題点を把握することができ、成長することができるでしょう。

 

企業にとって原価管理は重要で、原価管理ソフトを導入することによって効率良く計算することが可能です。損益分岐点を把握することができたり、変動をシミュレーションすることができます。結果的にコスト削減に繋げることが可能です。

 

サイト内検索
記事一覧