原価管理ソフト(システム)をおすすめ比較ランキングでご紹介!【建設業や製造業者・工事管理に評判!】

原価管理ソフトのフリー版でお試し使用してからの導入をおすすめする理由

公開日:2019/05/15  最終更新日:2019/04/19

コストマネジメントをするときに活用できるツールが原価管理ソフトです。これはデジタルデータ上で原価管理をすることができるのがメリットです。

いきなり導入をするよりも、お試し版を使って導入を検討するのがおすすめです。ここではその理由や各ソフトの比較部分について紹介します。

 

お試し版を使って最適なソフトを探せる

コスト管理は商品を製造するときには発生する、その商品の原価を管理するための作業です。これはコストマネジメントとも呼ばれるもので製造業においては重要な部分にあたります。

この原価をうまく管理することにより利益をコントロールすることができるので、製造業にとっては必須です。持続的に企業を運営する目的として使われています。

従来まで管理をするとき使われる手法は結構ありました。例えばVEと呼ばれるものが代表的です。常に揺れ動く原価をうまくコントロールすることが商売成功の秘訣です。

そういうときに利用できるのが管理ソフトで、導入をすれば原価計算を効率よく行えます。またコストをもととして管理を行う事ができるのもメリットの1つです。

計算を行い製造コストの見直しなどを行うことで、安価に商品を提供できる工夫も可能です。 パソコンを利用して原価が一目瞭然なので使い勝手も優れているソフトです。

ただこのソフトは非常に多く用意されているのがネックと言えます。その中から使いやすいソフトを探すためにはお試し版の利用は必須です。これを利用して最適な原価管理ソフトを導入しましょう。

 

クラウドとインストールの比較をする

原価管理ソフトにはインストール型と呼ばれるものがあります。これはパソコンにソフトを入れて使用するものです。メリットは一度入れておけば、パソコンがあればいつでも原価管理ができる部分と言えます。

もう1つクラウド型ソフトと呼ばれるものが用意されています。 こちらはインストールをする必要がなくインターネット上にアクセスをすれば、いつでも原価管理ソフトを利用できるのがメリットです。

この2つのツールはお試し版を利用して比較しましょう。どちらが自社にとって使いやすいのかを把握すれば導入も容易です。

例えば低コストで利用をしたいときにはクラウド型がおすすめです。 クラウド型は月額料金を支払いソフトを使用します。インストール型と比べて非常に安価な金額で購入できるのが強みです。

零細企業などの予算の少ない企業なら最適な商品です。インストール版はインターネットに繋がなくても利用できるメリットを持ちます。通信費をできるだけ抑えたいというのならおすすめです。これらのソフトは各企業のホームページからお試しができます。

 

作業効率を重視するためにフリー版を使おう

原価管理ソフトを導入するときにもっとも重要になるのが、使い勝手です。これが悪いとデータ入力に非常に手間取ります。そうなってしまうと業務がかなり面倒なので余計な時間がかかってしまうのがネックです。

そういうときに活躍するのがフリー版です。フリー版は無料で原価管理ソフトを利用できるメリットがあります。 導入前にソフトウェアの使い勝手を確認できるので、導入後に使いにくいといったトラブルを回避できます。

原価管理ソフトはインストール版だと高い、クラウド版だと一度契約をすれば1ヶ月は使い続けないといけません。導入に失敗するとコスト面でリスクを伴うのでフリー版を利用してお試しをしましょう。

この作業効率を上げるための機能として入力項目に簡単にジャンプできるソフトがおすすめです。こちらは登録画面から簡単に目的の項目へ飛べるため、データ入力作業を短縮できます。

また元帳や台帳などから該当伝票にドリルダウンできる機能も使い勝手が優れています。他にも法定福利費の計算や見積もり内訳計上も自動計算してくれるソフトが使いやすいです。

 

スマホやタブレットと連携できるものを試そう

今や日常に不可欠なガジェットとして人気なのがスマートフォンとタブレットです。これは場合によってはデスクトップパソコンに匹敵する使い方をすることができるのが強みです。

基本的にパソコンだけで利用できる原価管理ソフトはパソコンがないと利用できません。 このソフトウェアを導入してもイマイチ使い勝手が悪いと言えるでしょう。

そこでスマートフォンとタブレットも連携できる原価管理ソフトがおすすめです。このソフトのメリットは携帯ガジェット連携できる部分で、パソコン以外に外出先からも利用できます。

具体的に外出先からスマートフォンを利用して原価管理ソフトにアクセスとします。ここで勤怠管理や日報入力をすることができるので、現場での生産性を向上させる事が可能なのが強みです。

スマートフォンとタブレットはWi-Fiなどを使用して外出先からもインターネットができます。気になるときにいつでもアクセスして調整を行えるので企業にとっては使いやすい機能です。

これは原価管理ソフトによっては付帯しないものもあります。無料版を使って機能面を確認すれば導入後に連携機能がついてなかったというトラブルを回避できるでしょう。

 

バーコードやハンディ端末に対応するものを検討できる

原価管理において重要なのは倉庫の在庫管理です。これは在庫をデジタル化して管理しておけば、スムーズに原価管理ができるでしょう。

ただこれに対応するソフトウェアは少ないのが現状です。こういうときに便利なのが原価管理ソフトのフリー版です。お試し版ならどのような機能に対応しているのかを瞬時に把握できます。

在庫管理にも対応できるソフトウェアも瞬時に探せるでしょう。特にバーコードやハンディ端末に対応するのもは使い勝手が優れています

このハンディ端末を使うことで情報収集を非常にスムーズに行うことができます。具体的な例として納品時に納品書のバーコードを読み取り数量もチェックできるので便利です。

また現場への出庫時に出庫指示や照合などを行えます。 上記の機能が付帯するソフトウェアを導入する際は、複数のフリー版を比較します。

顧客ニーズに合わせて豊富なオプションを利用できるところなら、各業態に対応できます。他のシステムなどとも連携できるものなら、さらに使い勝手が優れます。倉庫作業をスムーズにするためにも上記の機能が付帯するソフトを検討してみましょう。

 

フリー版は自社にコストや必要な機能を見極めるために必須

非常に便利な原価管理ソフトですが、これは導入をするときに費用がかかります。クラウド版は月額いくらか支払い維持を行いますが、料金は業者により変化します。

導入したものの使いにくいと無駄にお金を支払う事になってしまうので、フリー版をうまく利用するのがおすすめです。フリー版を利用すれば月額費用に見合った機能をしているのかを把握できます。

各サービスではプランが設定されているものもあります。プランで機能に違いがあるのですが、基本的に高機能なものほど値段も高いです。

いざ高い月額費を使いハイクラスのプランを導入したものの、結局使わない機能が付帯しているのなら意味がないです。余計な金額を支払うことになるので、フリー版を利用して自社に必要な機能はどれなのかを検討しましょう。

また後からプラン変更ができるのかも注目しておくべき部分です。プラン変更可能なら自社の発展に合わせて調整を行えるので使いやすいです。各サービスではオプションの数により料金が変化するところもあるので、お試し版を利用して総合的な費用を確認しておくのが無難です。

 

お試し版を利用するメリットは主に機能面やコスト面にあります。各サービスで作っている原価管理ソフトは費用も機能も違います。導入してから自社に必要な機能が足りない、コストが掛かりすぎるといったトラブルを回避できるのでお試し版を使ってソフトウェアの選定をしましょう。

サイト内検索
記事一覧