原価管理ソフト(システム)をおすすめ比較ランキングでご紹介!【建設業や製造業者・工事管理に評判!】

原価管理ソフトを導入すべきな経営にかかわる重要性

コストを管理するため目標とする利益を前提として検討する必要があります。売上から利益を引きその値に確実におさまるため原価を管理することが重要です。

原価管理にはいろいろなデータを収集したり整理・分析などの処理が必要ですが、原価管理ソフトを利用すると便利です。

 

経営判断を迅速化することができます

マーケットの規模が減少したり利益率の低下など経営環境は厳しさをましていて、内部統制に取り組んだり外注の契約化などがすすめられています。最適な経営状態を維持するため企業は利益アップのためにいろいろな施策を行っていますが、原価管理ソフトを採用することによって経営判断を迅速化することが可能です。

利益の根源であるそれぞれのデータを一元化することによって、データをタイムリーに入手することができる原価管理ソフトは不可欠です。予算や出来高などのデータを収集したり、原価台帳といった書類を作成することができます。支払予測や利益予測などを行うことができ、経営に関係する管理業務を効率化することが可能です。

いろいろな機能が搭載されていて、例えば作業所情報を一元管理することができたり、いつでも最新原価状況を把握することができます。透明性の高いデータを入手するために明細で管理することができ、経理などの他のシステムとタイムリーに連携することができるので便利です。

取引先と電子商取引で対応することができ、建設業などの現場独特の業務にも対応することができます。

 

利益予測をスピーディに行うことができます

原価管理ソフトを利用するといろいろなメリットがあり、例えば経営者にとって物件毎や業者毎、工種や事業部において支払や利益予測を行うことができます。受注状況といった適切に運営するための判断に必要な情報をタイムリーに入手することが可能です。

各部門長にとってのメリットとして、業者の見積徴収状況や請求処理状況などを画面で確認することができ、支払い予定を手形や現金などの状況を把握することができます。経理部門において請求処理の状況を確認することができ、締め日に対して容易に管理することが可能です。各種集計や参照、未払いや未収抽出などを簡単に行うことができます。

建築部門の場合は請求処理に対し、現場における出来高査定入力で処理することができたり、請求書が来てから入力することが可能です。請求処理漏れや見積徴収漏れなどがないよう工種別で管理することができます。

管理部門の場合、各種承認状況や進捗状況を確認することができ、いろいろな条件によって検索したり抽出することが可能です。コスト改善にも繋げることができるので、的確な判断を行うことができます。

 

最新情報を運営にいかすことができます

原価管理ソフトにはさまざまなメリットがあり、最新情報を経営にいかすことが可能です。システムを導入すると原価差異分析などの経営上重要な情報を迅速に入手することができ、的確な判断を行うことができます。

近年グローバル化が更に加速していて、海外との結びつきが強まってきました。海外拠点において生産や海外居住者のアウトソーシングを伴う場合、為替の変動といった原価に影響を与えるアイテムが多くなります。

リアルタイムで正確な原価差異分析を実施できるかは、自社の将来を左右するといっても良いでしょう。経営において原価計算ソフトを利用することによって、重要情報の入手をスピードアップすることが可能です。

特に従業員の労務コストを削減することができ、原価管理ソフトにはさまざまな機能が搭載されていて自動化されています。担当者は最小限の入力作業だけで原価データを登録することが可能です。

製品番号や仕入先といった項目についてアレンジすることができ、必要な帳票だけを表示したり出力することができます。必要な時に必要な情報だけをスピーディに獲得することが可能です。

 

他のシステムと連携することができます

統合型基幹業務システム(ERP)と連携することができ、原価管理ソフトを含んでいるパッケージソフトを導入すると、他のERPと連携することが可能です。ERPと連携することによって原価情報をシステム全体において共有することができ、より迅速な判断を行うことができます。

例えば現場の場合、帳票や伝票などに自動的に情報を反映することができるので人為的ミスが少なくなるでしょう。原価管理ソフトとERPを連携する方法もありますが、最初から原価管理を含んでいるERPパッケージを採用する方法もあるので便利です。

複数の状況をシミュレーションすることができ、原価管理ソフトの中にはシミュレーション機能のある製品があるので便利です。シミュレーション機能は調達先の変更や原料費の高騰に備えて、原価変動が与える影響力を予想することができる機能になります。

景気や為替などの変動が激しい今日、自社を守るために万一の事態に対して備えておく必要があります。原価管理ソフトを導入すると不測の事態に対して事前に訓練することができ、次の一手を行うことが可能です。

 

コスト削減に繋げることが可能です

企業は製造原価や仕入原価を計算してから商品価格を決定するので、そのため原価の正確な把握が必要になります。しかし原価の正確な把握は負担になることが多く、多くの手間や時間が必要になるでしょう。

原価は予想や予定などから外れたり、揺れ動いていたり大きな差異があることも珍しくないです。原価変化を正確につかみきちんと反映していくのは労力が必要になります。

そのため多くの企業は支出金額から結果として原価を算出しているケースが多く、締めてから赤字が分かることがあり製品が完成間際になった際に赤字になると分かることもあるでしょう。いろいろなトラブルに繋がることもあるので、重要な作業と一つとして認識されています。

コスト競争は激化していて、政治情勢や為替レートなども原材料や燃料費などに影響を与えているので、ますます原価を把握することが困難な時代になりました。

しかし原価の把握だけが管理ではなく、把握した原価から何かしらのトラブル発見しコスト削減のきっかけを見つけたり実行することによって、初めて原価管理と言うことができます。原材料の仕入れ計算からコスト削減まで、一貫して作業をサポートしてくれるので原価管理ソフトで、近年さまざまな企業で採用されています。

 

シミュレーション機能などが搭載されています

原価管理ソフトは原価計算機能や原価差異分析機能などが搭載されていて、損益計算やシミュレーション機能もあります。原価計算の場合、原価の見える化を行うことができ標準原価計算や実際原価計算などを行うことが可能です。

予算段階や実行段階において原価計算することができ、工程毎の変化を確認することができます。原価差異分析の場合、経営情報について提供歩留差異や固定費差異の目的に合わせて分析することが可能です。

海外アウトソーシングを伴う場合、為替変動を含んだリアルタイムで正確な原価差異分析を行うことができます。損益計算の場合、ミクロやマクロなど、それぞれの視点から分析したり異常値を発見することが可能です。

シミュレーション機能は劇的な環境変化などに対応することができ、原材料費や仕入先毎に原価計算を予想することができます。急激な景気変動などからによる原価高騰に対し、事前に対策することが可能です。

連携機能が搭載されているので一貫したシステムを構築することができ、資材調達や在庫管理、会計処理といったいろいろな業務領域において連携することができます。

 

原価管理ソフトを導入すると適切な原価管理を行うことができ、会社運営に役立てることができます。判断を迅速化することができ、利益予測をスピーディに行うことが可能です。他のシステムと連携することができ、コスト削減に繋げることができます。

 

 

サイト内検索