原価管理ソフト(システム)をおすすめ比較ランキングでご紹介!【建設業や製造業者・工事管理に評判!】

原価管理ソフトはしっかり比較検討してから選ぼう

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/04/19

原価管理を実現するITツールが原価管理ソフトで、さまざまな機能により業務効率化を行うことができます。

シミュレーション機能などのトラブルに対応することができ、いろいろなソフトが販売されているので比較検討することが大切です。

 

原価管理をサポートするさまざまな機能が搭載されている

原価管理は原価計算を行い業績の向上させる仕組みや計画などを作成することで、常に揺れ動く原価を適切に把握することによって商品やサービスなどの質を落とさないよう正確なコスト削減を実行します。

目標原価を達成するためいろいろな計画を打ち出し、繰り返しながら改善することで適正な原価を維持することが可能です。既存の原材料や部品などの価格高騰が起こり、調達するのが困難になった場合、その代替案として準備しておくことも管理の一種になります。

このような管理を実現するのに原価管理ソフトを導入している企業は多く、計算機能を利用した業務効率化やシミュレーション機能を利用して将来的なトラブルに対応することが可能です。管理をサポートするさまざまな機能が搭載されていて、いろいろな種類が存在しています。

すべての原価管理ソフトが優れた機能を保持しているというわけではなく、自社業務に適しなかったり中には導入損になるケースもあるでしょう。ソフトの選び方として自社にとって最適なシステムを導入することが大切で、いくつか比較検討することをおすすめします。

 

基幹業務システムと連携することができるか確認しよう

原価管理ソフトを選択する場合、基幹業務システムと連携することができるかがポイントになります。近年原価管理ソフトをERPの一つとして採用している企業が増えており、生産全体における業務最適化がすすめられています。

原価管理はサプライチェーン管理において製品価格を決定する要因が大きく、原価がかかると競合相手との競争力を失うかもしれません。

原価管理ソフトは購買管理や見積管理システムといった周辺のアプリケーションと連携することによって、高い導入効果を引き出すことが可能です。システムを導入する場合、周辺のアプリケーションと連携できるかどうか確認しなければいけません。

ERPなどの導入も検討もしておくとよく、具体的なシステム選びを行うことが可能です。もしカスタマイズしたりアドオン開発が必要な場合、導入するソフトがいくつか絞られてくるので、パッケージやクラウドといったさまざまな提供形態がある中でカスタマイズすることができるシステムを選ぶとお得です。

中には無料で試すことができるものがあったり、シミュレーションすることができるものもあるのでいくつか比較検討してみると良いでしょう。

 

カスタマイズやアドオン開発などの必要性を考慮しよう

いろいろな商品がありますが、カスタマイズやアドオン開発などの必要性を考慮することをおすすめします。原価管理は企業の数だけいろいろな管理スタイルがあり、導入する原価管理ソフトが必ず自社に合致するとは限りません。

自社の管理スタイルに応じた原価管理ソフトを導入することが前提になりますが、カスタマイズやアドオン開発などが避けられないこともあります。そのために新しいシステムを導入する前や導入した後のカスタマイズやアドオン開発などが必要になるか、事前にチェックしておく必要があります。

まずは管理システム機能について把握しておくことが大事で、管理システムで何ができるのか何ができないかなどに関して把握しておくときちんと選定することが可能です。自社管理に関して改めて整理するのもよく、システム導入と同時に原価管理を整理する企業が多いです。事前に原価管理することで何かを実現できるか考えておくと効率が良いでしょう。

特にシステムでできることやできないことに対して、自社管理を比較したりカスタマイズやアドオン開発などの必要性を探ることをおすすめします。

 

各拠点でのデータ統合ができるか確認しよう

システムを導入する前のポイントとして、各拠点でのデータ統合ができるか確認することがあげられます。複数の支店を抱えている企業の場合、データ統合の遅延などが問題になることが多く、組織全体で原価管理を行うためデータ集計を行い分析した上で指針を決定しなければいけません。

各支店におけるデータ連携環境がきちんと整備されていないと、データ集計や分析などに時間を費やすケースがあります。データは鮮度が大事になるので例えば1ヵ月以上前のデータを入手しても、リアルタイムな指針を打ち出すことはできません。

現実と計画においてタイムラグが発生するので、現状課題を打破することは難しくなるでしょう。クラウドで提供されているシステムを利用すると、各エリアでのデータ統合を行うことができるので便利です。

クラウドはインターネットを利用するサービスで、VPNを構築することなく各エリアでデータ統合を行うことができます。セキュリティもしっかりしているので安心して利用することができ、中には毎月リーズナブルな価格で利用できるものもあります。

 

業界業種に特化したシステムを検討しよう

業界業種に特化したシステムを検討することをおすすめします。原価管理ソフトは汎用型を導入するより、その業界や業種に特化したさまざまな機能を保持しているものを導入した方が良いでしょう。

自社業種に特化したシステムを選ぶことが基本になりますが、現実問題いろいろある管理ソフトの中から選ぶのには難しいこともあります。原価管理ソフトは周辺のアプリケーションによる連携が重要になり、生産管理スイートやERPなどの一つに導入するケースがあります。

業界業種に特化したシステムを選ぶ自体が難しくなり、複数業務のアプリケーションを提供するITツールは特に汎用的に作成されていることが多いです。

原価管理ソフトだけ業界業種に特化したタイプを導入すると他との連携が難しくなるので、選ぶポイントとしてカスタマイズしたりアドオン開発が必要なシステムを選ぶと後が楽になります。オリジナルの開発プラットフォームをリリースしているERPなどに関して、自社業種に合致させやすくなっているのでソフトの選択肢の一つとして検討すると良いでしょう。

 

部門メンバーをプロジェクトに参加させておこう

新しくソフトを導入する場合、部門メンバーをプロジェクトに参加させておくと便利です。システム導入プロジェクトを推進するメンバーとして情報システム部や上層部が参加することが多いですが、導入した後実際に利用するのは現場部門のスタッフになります。そのため部門メンバーをプロジェクトに参加させておき、原価管理ソフトを選定すると最適なもの選ぶことが可能です。

もし情報システム部や上層部だけで導入を決定してしまうと、後で使い勝手が悪いなど何かしらのトラブルが起こるかもしれません。さまざまな機能要件を定義したり要望しようとする段階から部門メンバーもプロジェクトに参加させておくと便利です。

原価管理ソフトを選定する時、トライアルやデモなどを活用することがあるので部門メンバーにも積極的に新しいシステムを触ってもらうようにし感想や意見を把握しておくと良いでしょう。実際使用してみてどのソフトにするか選定を進めると、正確な原価管理ソフトを選ぶことが可能です。

新しいシステムを導入した時、計画と現実にギャップがあることが多いので、トライアルの段階においてきちんと相談しておくと有益です。

 

原価管理ソフトを導入する際、選び方としていくつかポイントがあります。基幹業務システムと連携することができるか確認したり、カスタマイズやアドオン開発などの必要性を考慮すると良いでしょう。

各拠点でのデータ統合ができるかチェックし、部門メンバーを導入プロジェクトに参加させておくと便利です。

サイト内検索
記事一覧