原価管理ソフト(システム)をおすすめ比較ランキングでご紹介!【建設業や製造業者・工事管理に評判!】

原価管理ソフトを飲食業が取り入れるときの選び方のポイント

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/30

原価管理ソフトを導入すると、自社のすべての業務内容が見える化管理されるだけでなく、効率的に業務のすべての流れとあり方がまとめられるので、金銭面や時間面での無駄を省き、徹底的な合理化経営が可能になるメリットがあります。業種によって適したソフトが異なるため、それぞれに合わせて特化した原価管理ソフトの導入が大切です。

飲食に関わる管理はメニュー管理から

飲食店の経営に飲食業に特化した原価管理ソフトを導入した場合、メニュー内容もすべて管理できます。メニューのレシピをすべて把握することで、それぞれのメニューに使われる食材やその他材料などの数や量が明確化され、仕入れを効率的に行うことができるからです。複数店舗を経営している場合は、共有して原価管理ができますから、どの店舗においても無駄のない食材の仕入れができます。仕入れの合理化から経営のすべてを把握できます。

まず、原価率の見える化により、メニューの値段変更やメニュー削除などの判断に大いに役立ちます。出納面でのコストの無駄を明確化することは、経営をどう変えていくかなどのマネジメント能力アップにもつながります。飲食店そのものの循環がよくなると、外に向けての経営戦略も具体化できるようになるので、自信を持って経営方針変革が可能です。スタートは、たくさんある原価管理ソフトの中から、自社業種に特化しており、実績もある会社のソフトをピックアップすることから始め、

さらに、自社だけのためのぴったりフィットするソフト編集ができるものを選択からです。既成ソフトでよいのか、編集費用なども合わせて考え、より安価でメリットは最大である原価管理ソフトを見つけるという意識がとても大切です。単に、金額だけで目先にこだわるよりも、導入することで何がどれだけどのように変化し、どれだけの利益として還元されるのかを意識しましょう。

そのためには、ソフト作成会社から、具体的に組み入れた場合の変化とソフトの機能のすべてを説明してもらい、数社を比較することが大切です。また、ソフト制作会社によりソフト利用においてのサービス内容も異なります。運用事例情報をしっかりと収集し、基礎的で具体的な理解力を身につけて、質問を準備して説明を受ける体制を築き、複数社の説明内容を比較して決めると失敗はありません。

メニュー管理から始める原価管理は予想以上のお得

どこの飲食店も、メニュー内容から必要な食材の管理をしていますが、日々の管理だけでなく、遠く1年間を見通して管理できなければ、安定した利益がどれぐらい予想されるのか解りません。

だから、エクセルやスマホアプリなどを用いて、ロスがない食材発注を計画しているという飲食店店主も増えています。これらの方法でも、長年経営しているところではその経験値が原価管理能力になるでしょうが、自分の店にはまだ伸びしろがあるということに気づかずに満足してしまっている経営者も少なくありません。

原価管理ソフトは、ひとつ数値を埋めるだけで、そこから、出納、仕入れ、売り上げ、その他、多角的で多面的な分析が見える化されますから、効率が悪く、あるいは判断が鈍く滞っていた自分の店の循環機能が明確になり、驚く経営者も少なくありません。しかも、処理能力は非常にスピーディーです。

しかも、そのシステムを用いるにあたり、特別な能力は不要です。エクセルやアプリで素人的に処理していた人でも使えます。個人の店では、家族経営であったり間に合わせに親しい人を事務処理の来てもらったりということもよくあることです。

税理士などに帳簿管理をしてもらわなくても、原価管理ソフトを用いることで、システムの使い方さえ理解すればだれでもプロの事務処理が可能になります。レシピのチェックから始まる飲食店用の原価管理システムは、利益の管理における質的なアップだけでなく、人材の能力の悩みも解決が可能です。

店によって違う細かいところのニーズをかなえる

たとえば、メニュー内容はそれを作り出した人材にしか作れないとか、ほかの人が手伝うことができても味が変わってしまうとかいう状態を解決すれば、人材を増やし、より多くの客対応ができるようにしたいという望みをかなえることができます。

また、主力商品やそうでない商品を四季ごと季節に合っているかを把握したり、日々の変化をつかんだりすることで、メニューの大改造による心機一転やキャンペーンメニューの作成を成功させたいという店主もいます。店の大きさや場所、洋風や和風などの内容、チェーン展開しているか否か、店の状況や状態、実態に応じて急がれる改革なども違ってきます。

それに応じて、選択するソフトも変わってきます。アレルギー情報などの細かいレシピに関する情報や原価率のグラフ表示でデータをわかりやすく表示できるソフトもあれば、アクション数が少なくて済むといソフトもあります。食材価格を設定すれば、すぐに原価計算ができ、比較分析も可能なため売り上げ分析が細かくできるソフトも魅力的です。

セットメニューを作っても、売上データや仕入棚卸データなどがすべて連携してきるため、新メニューでも食材ロスチェックができるというソフトも便利です。魅力的なソフトは数々ありますが、それぞれがニーズに部分的に対応しているため、組み合わせないと使えないという壁にぶつかることも少なくありません。

自分の飲食店のニーズをしっかりシステムに導入したい場合には、経営者の希望をすべて吸収し、かつ、それ以上の魅力を発揮するオーダーメイド型のクラウドタイプを用いるのもよいでしょう。経営者のニーズを反映した飲食業のあり方にフィットする内容にカスタマイズできますし、運用中でも、その時その時に合わせて内容を変更することも可能ですから、契約をしたから、後はこのまま使うしかないなどという不安もありません。

原価管理システムソフトは、どれを見てもさまざまな心惹かれる機能があり、導入すればメリットしかないように考えがちですが、各システムの特徴を理解し、導入後がどのように変化するかをしっかり考えることができてこそのメリットです。サイズや形の合わない服のように、フィットしなければデメリットのほうが大きくなる場合もあります。

専門家の助言を受けながら、よりよい選択を充分に検討して、自分の店に最も適したシステムの導入をできれば、原価管理システムは、充分に経営者としての片腕となる存在です。

 

飲食業における原価管理システムは、メニュー内容を中心に、そこから展開される数字による損益の見える化により、仕入れや人材、その他経営戦略に至るまで徹底的に管理します。経営管理と未来への経営展望にもつながる、非常に魅力的な原価管理ソフトです。飲食業に特化したものを選べば役に立つという考え方はよくありません。店舗の大きさや状況や状態、経営者のニーズなどの個別の特徴がありますから、それに適したシステム導入ができてこそ、管理ソフトにメリットをかじることができます。

ほんの少しのデメリットもない原価管理ソフトを選びたいと考えるのであれば、複数のソフトや構築システムを丁寧に比較検討することが大切です。また、オーダーメイドソフトやクラウド型の使いながらも変更をしていくことが可能なものは既成ものより高額ですので、導入価値を充分に考え、時間をかけてしっかりした選択をする必要があります。

サイト内検索
記事一覧