原価管理ソフト(システム)をおすすめ比較ランキングでご紹介!【建設業や製造業者・工事管理に評判!】

自社に合わせてカスタマイズできる原価管理ソフトを選ぼう

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/10/05

優れた原価管理ソフトでも機能が使いこなせないと意味がありません。まず自社の特徴とニーズをしっかり把握してから、バラエティに富んださまざまな機能の中から、自社にとって必要な機能だけを購入して組み合わせられる、カスタマイズ性が高く低コストのクラウド型管理ソフトをチェックするのがおすすめです。

自社に適した原価管理ソフトの選択

業界の種類に合わせてパッケージされた既製品の原価管理ソフトは比較的安価です。使いこなせるスタッフがいるのであれば契約費用も利用費用もかからないので、コストを心配せずに済みます。既製品の場合、自分で使いこなせるようになるために操作マニュアルを理解し、利用可能能力を身に着けると問題はないというものの、使い初めて途中で、あちらこちらと利用にそぐわないことが出てくることも多くあります。

この機能は不便だとか、こういう機能が欲しいなど、自社用に手直ししたくなることが出てきたときにカスタマイズできるかどうかということも考える必要があります。それが不可能な場合、手直し付きの既成ソフトの購入を考えることもできますが、これもまた、手直ししてもらうところが多くあると別に費用がプラスされてしまいますので、安価ともいえません。

だから、既製品を使う場合は、まずは、そのままで充分適しているのか、手直しをしてもらうほうがよいのか、すべてをフルオーダーメイドでカスタマイズしてもらうほうがよいのかを、よくチェックしてから決めることが大切です。もちろん、フルオーダーメイドであれば、自社の要望通りの機能を企業の特と必須のニーズに合わせてくれるので、最も使いやすいのは確かです。

使い勝手は当然よいと処理が非常にスムーズであり、メリットもたくさんあります。ソフトそのものに責任を持ってくれるため、不具合などいろいろな補償もあり、その後の利用がとても安心です。ただ、オーダーメイドとなれば、その企業用のマニュアルやドキュメントなどの作成費、契約料、開発費など、いろいろな費用が生じますので、二の足を踏む経営者も少なくありません。

しかし、原価管理システムは、販売管理や見積管理などさまざまな業務システムと連携させて活用できなければ、業務の効率は上がりません。ソフトの導入が反対に企業の損失になってしまうのでは意味がありません。データの一元管理がスムーズにしっかりできることと、毎日の状況の変化に対応できる情報に合わせてシステムを変容させるなどが、クラウドを用いたオーダーメイドソフトで解決ができます。

本当に自社を支える管理ソフトは何なのかを知るために、さまざまな既成ソフトと、数々あるクラウドによる保証されたオーダーメイドソフトについて、人気のあるものやその理由、導入後の様子などの事例をチェックしてみましょう。

情報を得たのち、もう一度、自社にとってカスタマイズされたソフトやアドオンの開発などが必要かどうか検討し、既成ソフトで間に合うものなのか考えたり、専門業者から複数の見積もりとサービス内容を確認したりすることです。そうすることで、何を選べば一番価値と費用の比が最適であるのか絞り込めるでしょう。

次々に波及する見える化管理による利益

原価管理をするということはコストマネジメントということです。生産業界であれば製造する際にかかる原価を算出することであり、目標がどれくらい達成されたか分析を行い、何をどのようにすべきか、費用の在り方などの具体的な判断ができる情報が得られます。固定的な原価やその場その場で変動する費用などをきちんと分類し、表示されるので、次にどうマネジメントすべきかが明確になります。

そのため、原価管理ソフトを用いることで、自社利益へと発展させることができるので、経営者はみんな自社に適したソフトの導入はぜひとも取り組みたいところでしょう。適切な原価管理が、無駄な経費を省く指針となってくれ、その効率化により利益をあげることにつながります。今日のマネジメントの改善が利益につながるのは当然ですが、未来のマネジメントにおいては、リスク管理という点でも心丈夫なのが原価管理ソフトです。

そのときの条件や社会の状況と需要と供給のバランスというのはつかみにくく、原価の変動が自社営業に大きく影響するのは仕方がないことと、リスク貯金をしている企業も少なくありません。原価変動の予測をし、損失を最小限に抑えて利益が落ちることをできるだけ止められるように動くことが可能になります。

製造業専門であったり、販売業専門であったり、また、その製造や販売の内容がサービスであったり物であったりと、業種はさまざまです。業種によっては、社内の原価管理の在り方も、重要視すべき視点や視野も違ってきますが、原価管理システムは、さまざまな業界に特化した多種多様なシステムがあります。自社の課題解決に最も適したソフトに出会うことができたら、会社の発展に非常に役立つものとなるでしょう。

最適なものを選ぶことで、さまざまな面で大きく役立ちます。自社課題に大変有効な特化したシステムであっても、同業種に合ってもそれぞれの企業により、構造的に異なっていますし、細かく部署ごとに特化したものを希望するなど、ニーズに大きな差があるというと、カスタマイズが必要になってきます。

最近は、オーダーメイドでもクラウド型を用いて、利用しながら改変していくことで、自社オリジナルの完璧な管理で、利益をアップさせているところも増えています。原価管理による今の無駄と将来の無駄まで具体的に見通しができてきますので、部署ごとの丁寧なソフト導入は、さらなる利益アップの効率性を産むことでしょう。

自社にとって利益あるソフト選びは専門家に相談

カスタマイズした自社に合わせた原価管理システムを導入することで、仕事内容がきれいに一元化されますから、日々、業務効率は向上するでしょう。そして、何よりも、それを実感するのは、業務の最前線で働いているスタッフたちです。事務的な仕事そのものが、今までエクセル頼りであったのが、すべてミスなく管理されるのですから、これほど効率のよい仕事の気持ちよさというのを感じないはずがありません。早く正確に、作業時間短縮で行えることは、仕事によるストレス軽減にもつながります。

また、数字を具体的に把握し、理解し、意識することで、自分たちの仕事が、明日の企業の発展のための情報を明確にしていると確信することになり、さらに前向きに自社のために働く意欲が高まります。また、経営者にとって、速さと正確さは、人件費を見直す機会にもなります。

しかも、精鋭部隊でなくても、管理ソフトに助けてもらうことで、経理面で経験が浅い職員でも仕事が可能になります。原価管理による見える化というのは、会社という体そのものを隅から隅まで理解でき、どの部分が悪いのか、どこをどうすれば、元気になるのか、手遅れにならない打つ手も考えることができるので、少々、コストが必要でも利用するのがおすすめです。

しかし、利益以上にコストがかかるソフト導入では意味がありません。既製品よりもオーダーメイドのほうがよいに決まっていますが、カスタマイズにプラスアルファの費用がかかることも考えて、より安価にマッチングソフトを見つけることが大切です。また、オーダーメイドにおいては、付随のサービスや保証などもさまざまです。

その点でも、適したところを判断する必要があります。自分で調べて既成のソフト情報を集めるよりも、原価管理ソフトの開発やサービスで実績のある評価が高い専門業者を何社か選んで、相談に行くというのもよい方法です。経営状況やコスト面での限界、明確な管理に関するニーズなどを話すことで、どういうソフトを選び、どんなカスタマイズサービスを得るのがよいのか回答が見つかるでしょう。専門家は不利益をもたらす提案は絶対にしませんから、安心して相談するとよいでしょう。

 

自社用にカスタマイズされた原価管理ソフトは自社のすべてが見える化でき、経理業務の効率性や今後の自社の在り方による利益アップや損失減、不要なものの整理などをしっかり行えるようになります。いわば、自社という体の血液循環を最適にする心臓のような役割を果たします。既成ソフト導入のために情報を収集するよりも、専門業者に相談するのがおすすめです。専門業者は、今後の利益になる提案しかしませんから、導入コストと今後についての得について、具体的に天秤にかけて考えることができるでしょう。

サイト内検索
記事一覧