原価管理ソフト(システム)をおすすめ比較ランキングでご紹介!【建設業や製造業者・工事管理に評判!】

初めて原価管理ソフトを導入!安心のサポート体制で賢く運用!

公開日:2020/01/15  最終更新日:2020/01/30

原価管理ソフトを導入する企業は増えていて、会計業務などがスムーズになり業務効率化に繋がったという意見が多いです。サポート体制が充実しており、フリーダイヤルで対応することができたり無料お試しサービスなども提供されています。

初めてソフトを導入しても、安心のサポート体制で効率良く運用することが可能です。

電話対応や出張サービスを利用することができます

原価管理ソフトを導入する企業が増えていますが、いくつか導入する際にポイントがあります。例えば運用時にサポートを受けることができるかがあげられます。

特にIT専任担当者がいないような会社だと、ソフトを導入した時やり方が分からないケースもあるでしょう。ITが苦手なスタッフが多い企業だと、使う前から時間や手間がかかるかもしれません。そのような場合、ソフトを提供している担当者がサポートしてくれると安心して運用をスタートすることができます。

様々なサポートを提供している業者が多く、電話を通じて丁寧な説明を受けることができたり、直接来てくれるなど出張サービスを提供している業者があるので便利です。どのような状況においても親切に対応してくれるようなソフトを選択することをおすすめします。

パソコンはあまり得意ではないので手厚いサポートのあるソフトを選びたいと考えている経営者は多く、ソフトを比較検討する際に機能性はもちろんサポート体制をポイントにして比較しているところもあります。

中にはお試しで利用することができるものもあり、インストールやダウンロードが不要なケースもあるので気軽に雰囲気を体感することができるでしょう。

法改正に対応しているかポイントです

ネットワーク環境は歳月とともにアップデートされていくもので、進化していく環境においていつまでも対応するため、製品のアップデートは必要です。バージョンアップ対応がきちんと実施されるかについて、原価管理ソフトを導入する時に必ず確認しておかなければいけません。

社会環境によって法律も変わっていくことが多いので、常に適応していくことができる製品であることも大切です。法改正があった場合、スピーディにソフトの仕様も変更されるような業者をおすすめします。バージョンアップや法改正などに対応しているソフトを選んだり、それらが無償対応ならさらにお得になるでしょう。

また、きちんと運用していたとしても、何かしらのトラブルは発生してしまうケースがあります。突然の停電でデータが破損してしまったり、天災や水漏れなどによってネットワーク環境が損傷してしまうこともあるでしょう。そのような不測の事態でも破損したデータ類に関して、調査してもらえると安心です。

初めて原価管理ソフトを利用する場合、あると便利な機能についても考えましょう。メインは原価管理に関係する機能ですが、製品によって他にもいろいろな便利機能が導入されているケースがあります。

企業によっては会計ソフトを先に利用しながら経理業務を行っている企業も中にはありますが、会計ソフトと原価管理ソフトと連携することができると非常に便利です。連携が可能な場合、入力の手間を省くことができたり業務を簡略化することができるでしょう。

業務効率化のためいろいろなメリットがあります

原価管理ソフトを利用するといろいろなメリットがあります。例えば外出先から勤怠処理を行うことが可能です。外出先からでも勤怠打刻を行える機能が用意されていて、スマートフォンなどを利用して入力することができます。現場での作業効率を向上することができ、スタッフの手間や時間を改善することが可能です。

既製品では対応することができないニーズに対応できるよう、カスタマイズすることができるので便利です。搭載されていないようないろいろな機能を追加してくれるサービスで、企業毎のきめ細やかなニーズに対応することができるでしょう。

機能を追加したり変更を行うため、いろいろなプログラムの開発に応じてくれるような業者を選ぶことをおすすめします。カスタマイズは基本的に有償のところが多いですが、かなり業務効率がアップするので便利です。

品質の高いソフトを選択するとセキュリティ面が充実していて、ユーザー毎のパスワードや権限設定などを詳細に規定することができます。ユーザー毎に閲覧できるような内容や、編集することができる内容を設定することによって、編集を防ぐことができたり業務における混乱を回避することが可能です。

ユーザー毎の権限設定はもちろん、承認機能も備わっているので便利です。承認機能があると業務内容を確認しやすく、現場もスムーズに処理することができるでしょう。原価管理ソフトには円滑に処理するため、さまざまな機能が搭載されています。

業界に合ったソフトを選択することをおすすめします

いろいろな状況で原価管理ソフトの導入を決定する企業があり、例えば赤字になる工事が発生しているので現状を打開しようと思いソフトの導入を検討するところがあります。近年いろいろなソフトが販売されていますが、重視すべきポイントをきちんとおさえておき自社に必要なものを見極めるのがポイントです。

例えば建設業界の場合、業界ならではの習慣に対応しているかを確認しましょう。建設業界において個別の原価計算や工事進行基準といった特有の会計処理があります。きちんと対応しているソフトであるかについて、着目しなければいけません。建設業界向けのソフトもあるので、実際どのような会社において導入されているなど実績データを比較検討してみると良いでしょう。

きちんとソフトを選択することによって、業務効率を改善することができ煩雑化していたフローを簡潔にすることが可能です。工事の進捗に伴う状況をリアルタイムでチェックできるかも大切なポイントで、ほとんどのソフトの場合工事の進捗においてリアルタイムで原価状況などを把握することができます。

使い勝手の良さや画面の分かりやすさ・見やすさなどはソフトによって異なるので、自社に合ったものを選択することをおすすめします。すべてのユーザーが利用しやすいようなソフトを選ぶことが大事です。

日頃から慣れている書式や得意先から書式を指定される場合があるので、カスタマイズできる機能があるかも確認しておくと便利です。ソフトによってはエクセルなどの書式を出力時に利用することができる機能があります。

無駄なコストを削減することができます

建設業の場合、経営する際に注意しなければいけないことは経理と原価管理は別ものであることです。経理は毎月の請求書を現場毎に分類し、原価を集計する業務です。原価管理は金額を予想したり無駄なコストを洗い出し出し、改善する業務になります。請求書の段階において初めて金額を把握するのはタイミングとして遅過ぎると言えるでしょう。

適正に管理を行ったり赤字にならないよう管理するため、工事を進めていくプロセスにおいて把握しなければいけません。建設業界における原価管理は複雑で、リフォームの際図面上では実現可能に見えても現場では実現できないケースもあるでしょう。そのような場合ソフトを利用すると、原価管理をスムーズに行うことができ工事の進捗を連動することが可能です。

どのような部分に無駄なコストがあるのかや、このまま工事を進めていくと赤字が予想されるなど、現場における内容をリアルタイムで確認することができます。工事が終了した時の赤字リスクを減らすことができ、業務改善を図ることが可能です。

手厚いサポートを受けることができます

原価管理ソフトにはいろいろな種類があり、業務効率化に役立つものがたくさんあります。ソフトを導入する際、企業にとって使い勝手が良いかどうかがポイントになるでしょう。

近年いろいろな業種の企業が導入していて、丁寧なサポート体制が整っているので気軽に相談することができます。中には業界特有の商習慣に関して熟知している業者が開発したソフトもあるので、管理画面が見やすかったり最適な書式などを利用することができるでしょう。初めてソフトを導入する企業も多いですが、手厚いサポートを受けることができるので便利です。

今使用しているソフトは使い勝手が良くなかったり、もっと分かりやすいようなソフトに乗り換えたいと考えている企業も多くあります。いろいろな機能が搭載されたソフトがあるので、いろいろと比較検討してみると良いでしょう。使い勝手が良かったりエクセルフリー機能など、いろいろな機能を利用することができるので便利です。

中には自社用にカスタマイズすることができるので、自社で慣れ親しんでいる書式などをそのまま出力することができるものもあります。得意先毎に提出する書式をアレンジすることができたり、活用しやすいようになっています。

原価管理ソフトは製品毎に操作性や機能などが異なりますが、サポート体制が整っているソフトを利用すると安心して運用をスタートすることができるでしょう。

 

原価管理ソフトに不慣れな会社でも、サポート体制が整っていると安心して利用することができます。電話対応や出張サービスを利用することができたり、法改正などに対応しているので便利です。

業務効率化するためさまざまなメリットがあり、導入する企業が増えています。手厚いサポートを受けることができるので、初めて利用する会社も安心です。




サイト内検索
記事一覧