原価管理ソフト(システム)をおすすめ比較ランキングでご紹介!【建設業や製造業者・工事管理に評判!】

原価管理ソフトのデータはバックアップできる?

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/07/13

原価を徹底的に管理をして、コストを減らして利益をだしたいと考えているのなら、導入すべきサービスがあります。それが原価管理ソフトです。しかし、原価管理ソフトはパソコンにインストールをしなければ利用できないため、データの管理に不安を持つ場合もあるでしょう。こちらでは作ったデータをバックアップする方法を紹介します。

原価管理ソフトでバックアップができるのは当たり前

原価を管理できる便利なソフトを導入するのだから、わざわざ外部にデータをバックアップする必要はないと考える方もいるでしょう。たしかに、絶対に壊れないパソコンを用意できるというのなら、手間をかけてバックアップをする必要はありません。

現実ではパソコンは何かの拍子に壊れてしまうことがある機械なので、バックアップをしておくのは大事になるのです。たとえ、パソコンが壊れなくても中身のオペレーションシステムが壊れてしまえば、それでもデータを取りだせなくなる可能性があります。自分たちで取りだせなくなったデータは、復旧してくれる業者に頼めば取り戻すことは可能です。

しかし、数千円でやってくれるようなサービスではなく、ときには十万円を簡単に超えてしまうのでお得なサービスとはとてもいえないでしょう。そのようなアクシデントが起こることは原価管理ソフトを販売しているメーカーでもしっかりと把握をしています。

そのため、もしものときのために保存しておいたものを、改めて読み込めるようにしてくれています。その『もしものときのために保存していたもの』をバックアップと呼ぶので、できないようになっているメーカーはないと考えたほうがよいです。

すべてを内部で処理して外に保存できないようになっているのなら、悪い意味で評判の原価管理ソフトとなっているはずなので調べてみましょう。インターネットで口コミを調べれば、実際に原価を管理するために使った方の意見をゲットできます。

バックアップを原価管理ソフトでおこなう方法

世の中にあるソフトはほぼすべて、開発者が使いやすいようにと、いろいろな工夫をしてくれています。それは原価管理ソフトでも同じことで、メーカーによって開発者がさまざまな工夫をおこなっています。

そのため、開発したメーカーによって、バックアップの方法は大きく異なると考えたほうがよいでしょう。どれもが使いやすいようにできていますが、最適だと思われる答えはひとつではないため、メーカーによってやるべき手順が異なるのです。

基本的には、メニューなどからバックアップ(外部に保存)などを利用して、保存するだけで大丈夫なようになっています。これまで作業していたデータがなくなってしまったときは、メニューからリストア(読み込み)をおこなえば、無事にまえのような状態を取り戻せるでしょう。

もしも、利用したいものにすでに目星が付いているのなら、開発メーカーのホームページを読んでみるとよいです。そうすれば、バックアップについて記載されていることも多いので、安心して使えるようになるはずです。詳細な情報を知りたかったのなら、資料請求か問い合わせを使えば、バックアップのことをさらに知ることができます。どちらともメーカーのホームページから利用できるので、もしものときの備えを聞いておきましょう。

なお、バックアップをおこなったほうがよいと考えていても、常日頃からおこなうのが面倒だと感じる方もいるはずです。たしかに、少しの手間だというのは分かっていても、一分一秒でも無駄にしたくなくて、バックアップを取り忘れることもあるでしょう。

そのような方におすすめするのは、自動バックアップ機能が用意されている原価管理ソフトです。いろいろな作業をしている間にバックグラウンドで勝手にバックアップをおこなってくれます。

つまり、意識せずとも、もしものときの備えができるため、面倒だと考えてついつい忘れてしまう方にはピッタリでしょう。ただし、実際に利用して見なければ、使い勝手のすべてを知ることはできません。そのため、不安な気持ちのまま、購入するのが嫌で導入を迷っている場合もあるはずです。

そのときは、無料体験版が用意されている原価管理ソフトを活用すれば不安をきちんとなくしてから購入できます。無料体験版が用意されている場合、メーカーのホームページに記載があるため、どうやればダウンロードをおこなえるのかチェックしてみましょう。

実際に使ってみれば、バックアップ以外にも分からないポイントがでてくるはずなので、そのときはスタッフにサポートしてもらうことをおすすめします。無料体験版でも質問がおこなえるようになっているため、分からないことはすべて訪ねましょう。一ヶ月程度、無料ですべてを体験できる場合もあり、使い勝手を理解できるはずです。

データはパソコンの外部にバックアップをしよう

バックアップしたデータをそのままパソコンの中に入れていては、意味がまったくないことを知っておきましょう。パソコンの中に入れておいたのでは、故障したときに取りだすことができないので本末転倒だといえます。

そのため、バックアップを取ったのなら、必ずパソコンの外部に保存するようにしましょう。外部にバックアップを用意しておけば、異なるパソコンでも読み込みができるため、現在使っているものが壊れたとしても安心です。

なお、外部にバックアップするためには、主にメディアや記憶媒体やクラウドに保存する方法があります。まず、メディアを利用する方法はCDやDVDなどに、CD・DVDドライブを使って書き込むやり方です。一枚あたりの値段が安いので、バックアップをひとつだけではなくたくさん残したい場合には便利でしょう。

そして、記憶媒体を使った方法は、USBメモリやSDカードなどに保存をするやり方です。メディアを利用するよりも高いですが、保存と消去を何度も繰り返せるので、常に新しいデータを用意しておけます。

最後のクラウドを使った方法は、インターネットで提供されている記憶スペースに保存をするやり方です。インターネットがあればいつでもどこでも、保存も読み込みも可能になるため、利便性を上げたい方にはピッタリでしょう。

このようにいくつもの方法が用意されているので、会社にあった形で完璧にバックアップを残すようにしましょう。もちろん、メディアとクラウドなど複数の方法を活用してバックアップを保存しておけば、より安心して原価管理ソフトを活用できるようになります。

 

入力したデータは何であろうと大切なものなので、原価管理ソフトがバックアップできるようにしてくれているのは当たり前のことです。ほぼすべてのメーカーができるようになっているといっても過言ではないので安心しましょう。もしも、本当にバックアップできるか疑うのなら、無料体験版を用意してくれているメーカーがあるので、そちらのものを試してみると安心できるはずです。

ただし、バックアップは原価管理ソフトを導入したパソコンの中に作ってもあまり意味はありません。外部のメディアなりクラウドなりに保存をして、パソコンにアクシデントがあったときに備えましょう。

サイト内検索
記事一覧